育児ノイローゼは、育児中の人であれば誰もが経験したり、 もしくはその横をかすめて通ったという人が多いことでしょう。

スポンサードリンク

育児ノイローゼを治療するためには

育児ノイローゼを治療するための方法は、その症状に応じて多種多様にあります。
その中の一つの方法として、育児ノイローゼを患っている患者を
抱きしめることによって治療を行うという方法があります。

育児ノイローゼは、育児中の人であれば誰もが経験したり、
もしくはその横をかすめて通ったという人が多いことでしょう。
その中でも、自身が乳幼児時代に母親との十分なスキンシップがない環境で
育った人が親になった時に、育児ノイローゼに掛かり易いと言われています。

育児ノイローゼを治療するためには、専門機関による適切な診断・診療が不可欠です。
育児ノイローゼ専門のクリニックや病院の心療内科などでは、
カウンセリングを中心に診療が行われます。
まずはその状況の聞き取りから始まり、徐々に患者の幼少期や育った環境や
家庭環境についても話が及びます。

話すことによって、患者は自分の状況を知ろうとしてくれる人がいる
という安心感を持つことが出来ます。
話すことが突破口と言えるのです。

カウンセリングで話を聞いてくれる医師はあくまでも第三者であるため、
次に求める安心の場所は自分の家族の中から探すことになります。
最も望ましい人は、患者のパートナーつまり、夫・妻が良いとされています。
一日に数分、パートナーは患者をしっかりとハグつまり抱きしめることにより
安心感を与えるための時間を設けると言う治療を行っていきます。

安心できる相手に抱きしめてもらうことにより、自分の存在をより確かに感じて
心を落ち着かせることが出来るというのです。
あまりにも拍子抜けしてしまいそうなこの方法は、
実は究極の育児ノイローゼの治療方法なのです。
この方法で文字通り、育児ノイローゼを抱きしめて解決できる人が
一人でも多くなることを望むばかりです。

スポンサードリンク

▲このページのトップへ